読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子海遊び部日誌

釣りやサーフィン、SUPなど、海で遊ぶのをとことん楽しみたい。女性1人でも安全安心快適に遊べるよう試行錯誤してます。

ロックフィッシュ(カサゴ・ソイ・タケノコメバル)狙いで実際に私が成果を上げている釣り方


釣果報告こそしていないが、今でも最低週3回は釣りに行っている。
どれだけヘタクソでもさすがにこのペースで通えば上達するようで、今はボウズで帰ることはほとんどなくなった。
サイズも大体20cmオーバー、引きが強くてとても楽しい。
夜釣りにはなるが初心者でも簡単に釣れる上、食べてもおいしいので、個人的にはとてもオススメできる釣りである。

ということで、今日は釣り方と使用している装備を紹介しようと思う。

装備

竿

私が普段使っているのは2mくらいの柔らかめの竿。
ただしこれはアタリと引きを楽しむためである。
あまり長いと扱いにくいので長さは同じくらいのものがいいと思うが、竿の硬さはどんなものでも構わない。
柔らかすぎると、大物が根に潜った時に引っ張り出せないことがある。私はそれで何度か泣いた。
私はライトゲーム用の竿や1000円くらいで買った竿を使っているが、一応専用のロッドもある。

大抵の解説サイトに書いてあるのはフロロカーボンの糸だが、個人的には、カサゴ・ソイ・タケノコメバル狙いにそんな繊細な気遣いは必要ないと考えている。
(そういうサイトは大抵過剰に高い道具を勧めている。必要なのは道具より行動力)。
どころか、私の釣り方ではラインがすぐ切れてしまってむしろお勧めできない(フロロ0.8使用)。
今、私はナイロンの2号(黄色)を使っている。糸を隠す気など全くないが、それでも釣れている。
食い気があればどんな条件でも割とOKなのがロックフィッシュ。
食わない時にその気にさせる、そういうときはフロロを使うのがいいかもしれない。

リール

続いてリールだが、これもどんなものでも構わない。
が、落とす→上げるの動作を繰り返すので、あまりに大きいものは疲労の観点からお勧めしない。
1000〜2000円程度の小型のリールにナイロン糸を巻いて、ロックフィッシュ専用にするのが便利で良いかと思う。

私はこの「ダイワ ジョイナス1500」を使っているが、逆回しできないのが不便。
最近では慣れて気にならなくなってきたが…まさかその機能がないとは想像もしていなかった。
ダイワだし、質感は悪くないのだが。

針・エサ

針はジグヘッドを使っている。
根がかりしやすいので、極力シンプルに。
重さは0.5g~3g程度だろうか。釣り場の深さにもよるので臨機応変に。
ダイソーに売っているジグヘッドが気兼ねなく使えるという点ではお勧めである。
人気商品なのかあまり売ってないので、入荷時にはいくつかまとめ買いするようにしている。

ワームは釣果の分かれ目なので何より重要。
私はその日の食い気によって数種類を使い分けている。


もちろん生き餌もアリだが、わざわざ買って準備するくらいなら、ワームを1パック買ったほうがコスパも利便性もいい。

釣り方

基本

さて、いよいよ釣り方である。
…ともったいぶるようなものではなく、単に岸沿いに落としていくだけ。
ロックフィッシュの釣り方にも色々あるが、おそらくこれが1番難易度が低いのではなかろうか。

岸沿いにジグヘッドを落とす。
底に着いたら真上に上げる。
基本的にはそれを岸沿いで繰り返すだけである。

1箇所に留まるのではなく、岸沿いを歩いてアタリを狙う。
だから装備は軽いほうがいいのだ。

注意すべきは根がかり。
岸沿いにはカキが付いている(付いていないところでは釣果の期待薄)。
カキの殻に引っかかって根がかりするのは日常茶飯事である。
根がかりした時は、まずは海側に引くようにしゃくってみよう。
浅めに引っかけた状態で止められていれば、これで取れることが多い。
ダメなら糸を緩めてみる(ジグヘッドを再度底に落とすイメージ)。次は横に引いてみる。
引いてドラグが持っていかれるようなら糸を手で引く、それで取れなければ諦めてラインを切る。
根がかりした時の基本は、竿をまっすぐにした状態で引くことである。
間違っても真上にしゃくらないこと。余計に引っかかるだけだし、最悪竿が壊れる(経験あり)。

根がかり?いやそれアタリかも!

だが根がかりのような引っかかりは歓迎すべきものでもある。
ロックフィッシュが食った場合もあるからである。
だからこそ根がかった時はまず海側にしゃくる。食っていたらこれで暴れ出す。

ロックフィッシュの引きはなかなか強い。
油断すると根に潜られるので、ただ巻くのではなく海側に引っぱり出すようなイメージを持つと良いかと思う。

潜られたら運任せ。
上がる時もあるし、ラインが切れてしまうこともある。
失敗してもトライし続ければコツはつかめるかと思う。

釣果を上げるポイント

何よりも釣り場選びが重要。
三重県内なら大抵どこでもいけると思うが、この釣り方はテトラではできない。
(テトラの隙間を狙うなら素直にブラクリとかを使うほうが良さそう)
釣り場を歩き回るという性質上、あまり釣り人が多いところもアウトだ。
夜釣りになるので、危険な場所も避けたい。

ということで、釣り場としては無名の小さな漁港(もちろん釣りOKなところ)が意外と狙い目ではないかと考えている。
こればかりは足を使って情報を探すしかない。
私は何箇所か知っているが、あまりメジャーになられても困るので紹介はやめておく(笑)
三重県住み」というだけで、釣りではかなりのアドバンテージである。ポイントは無数にある。
ある程度データと釣り場の雰囲気を把握して、漁師さんの迷惑にならないと判断したら公開しようかと思案中だ。

とても手軽な釣りなので、初心者の方もぜひトライしていただければと思う。
ロックフィッシュの煮付けはうまいよ!