女子海遊び部日誌

釣りやサーフィン、SUPなど、海で遊ぶのをとことん楽しみたい。女性1人でも安全安心快適に遊べるよう試行錯誤してます。

【投げ釣り】キス釣りは本当に「簡単」か?女性1人でも釣れるかどうかやってみた


今年の夏はかなりの頻度でキスの投げ釣りに行った。

ネット上では「キス釣りは簡単」と書かれていることが多い。
確かに釣れる。が、やはりそれなりにテクや道具は必要である。
「投げれば釣れるよ」なんて書かれているブログや書籍はちょっと無責任なのではないかと感じてしまう。

キスは船でも釣れるが、さすがに初心者がいきなり船釣りは色々とハードルが高い。
船乗るの、結構お金かかるから…
それなら気軽にできる陸っぱりからの釣りに分があるように感じるのは、私がまだまだ初心者だからかもしれない。
大物の魅力にとりつかれたら船一択と言い出したりするのだろうか。

道具も経験もそれほどない女性1人でもキスの投げ釣りができるのか、色々試してみたので参考にしていただければと思う。

キス釣り概要

キスはうまい。
何をしてもおいしい上品な白身である。
天ぷらが王道だが、素揚げにして南蛮漬けにしたり、実は刺身もおいしい(それなりのサイズが釣れないと厳しいが)。

そんなキスはどうやって釣れるのか。

フィールド

そこが砂地の場所。
生態を考えれば、大抵の砂浜では投げれば釣れる可能性はあると思っている。
だが、「釣りやすさ」というのは場所によって違う。
例えば底に障害物が多い(各種人工物、海藻など)、水深が浅い(弱い個体が来ない=釣れる確率が下がる)、足場が悪い(うまく立ち回れない)、など。
そういうマイナス条件の少ないところが「キス釣りのメッカ」として名前を聞く場所なのだと思う。

釣り方

投げ釣りが基本である。
遠くに投げた方が良型が上がる可能性が高い。数も上がる(気がする)。
飛距離を出そうと思ったら、それなりにテクと道具が必要。
私は潔く遠投を諦めた(笑)
その代わり、扱いやすい道具でバラシ(針にかかったの魚が外れて逃げてしまうこと)を極力減らすように注意することにした。
キスは焦るとすぐにバレる。その割合を減らせば釣果アップにつながる。

道具

通常のキス釣りの基本装備は以下の通り。

竿:
投げ竿(4mくらい)

糸:
ナイロン3〜5号で十分かと 糸と天秤の重さの選択によっては、投げた時の衝撃に耐えられるよう「力糸」が必須

リール:
糸をそれなりに巻けるサイズで 投げ専用のリールもある

エサ:
石ゴカイ 口が小さいので細い餌がいい

その他:
天秤(8〜25号くらい) キス針(2〜4連程度が無難か) 三脚 クーラーBOX


便利な投げ釣りセットがよく売られている。

ちょっと短めでおもり負荷も15号までだが、このセットあたりは無難なのではないかと思う。
安定のダイワ製。
もっと安いのもあるが、竿は高級感があった方が楽しいと最近気付いた。
ハゼ釣りにはさすがにちょっと高級すぎるが(笑)


本当に「ちょっとやってみたい」ならこれでもいいが…
読者の方には長く釣りを楽しんで欲しいので、当たり外れのあるものはあまりオススメできない。
(ちょっと無茶な使い方をするなら、1000円程度の竿なら諦めがつくので丁度いいとは思っている)


投げ装備は結構大掛かりである。
竿は長くて扱いにくいし、置き竿にするからアタリを楽しむことができない。
「アタリの感触」は釣りの醍醐味の1つだと考えているので、極力放置系の釣りはしたくないのだ。
そんな私が選んだ装備は以下の通り。

竿:
1.8mの足元用 おもり負荷が規定値オーバーしているかもしれないので、壊れてもいい竿でやっている

糸:
ナイロン2号

リール:
3000番

エサ:
石ゴカイ

その他:
ジェット天秤8号 キス針2連


経験者の方から言わせれば「そんなので釣れるの?」という装備であろう。
結論から言うと釣れる。ただし時間や潮の縛りがある。

結果と釣果を上げるコツ

ほら、こんな装備でも釣れるのだ。
サイズはMAXでも15cmくらいと小ぶりだが、そのまま素揚げにしておいしく食べられると考えればアリである。

前述したが、この装備での釣りは楽な分縛りがある。
釣果を上げるコツがあるので、以下列記したいと思う。

行くなら朝まずめ

私がこの装備で何度もキス釣りに行って気付いたのは、「朝まずめ最強」ということである。
夜が明ける直前から1.5時間程度に集中してアタリがあり、それ以降はぱたっと止んでしまう。
これは私が行っていた釣り場起因によるものかもしれないが、やはり朝まずめは外せないように思う。
ちなみにこの夏の週末はほぼ毎週4時起きであった。頑張って早起きしよう。

潮位の高い時にキスは沿岸まで寄ってくる

潮位が低いとキスは近くまで寄ってこれない。
水深が浅くなることで逃げ場が減り、捕食されるリスクが上がるのだからある意味当然である。
短い竿で飛距離を犠牲にしているので、キスが寄ってくれないことには釣れない。
満潮を狙っていくのが正解である。

釣れないなら場所を変える

これはこの装備にかかわらず言えることだが、キス釣りは釣れなくなったら場所を変えるのが得策である。
キスは群れで移動する。群れがいなければ釣れないのだ。
もし、アタリすらこないようなら潔く諦めよう。今日は「その日」ではないのだ。
この装備を少し変更すれば、近くの漁港などでロックフィッシュ(底物)が狙える。
彼らのアタリもまた楽しい。そちらに移行してみてはどうだろう。